Skip to main content

【UFCマカオ大会特別企画】座談会第4弾 漆谷、福田、水垣の対戦相手について

MMAPLANET執筆陣、そして「ひかりTVUFC中継」解説陣でもある高島学&中村拓己の両氏に5回に渡り、見所を語った。第4弾は漆谷、福田、水垣の対戦相手について。
司会:加治木啓/UFCモバイル

日本人選手が4人出場する今大会のみどころとは(C)ZUFFA LLCリネ日本に次ぎ、いよいよアジアで2カ国目のUFC開催となるUFCMACO大会開催が迫ってきた。そこでUFC.COM×UFCモバイル×sportsnavi×MMAPLANETのコラボレーション企画第2章として、11月20日(土・現地時間)コタイ・アリーナで開催される『UFCMACAO』の見どころを若干マニアックな視点も踏まえつつ探っていくことに。中村 だからこそ、漆谷選手と水垣選手の試合はメインカードでもおかしくないクォリティを持っていると思います。試合の意味合いとしても、UFCらしい勝負論のある戦いですし。ただのプレリミではない――本当に今回の勝負への意気込みなど漆谷選手から感じました。福田選手も水垣選手も、この試合に勝たないと次はないという風に先を見越して、自分の現状を把握して試合に臨んでいる。そんな3人の凄くシビアな部分、相当期するものがあるというのが伝わってくるので、日本人として見届けたいファイトです。戦術的にも漆谷選手のアウトMMAというものが、どこまで真価を発揮するのか、とても楽しみです。ゴーディノー戦では敗れたのですが、1Rの試合を見た時に強いという印象を残したのはリネケルでした。打撃の展開のなかで、組み合った時に優勢だった選手が、ギロチンで負けるというのは、MMAは想定できる試合。そこまで優勢だったからこそ。リネケルは絶対に強い選手です。接近戦でド迫力の打撃戦を見せるリネケル(C)2012Zuffa,LLC.高島 リネケルの距離は、MMAではない近距離。あの接近戦で戦おうとしたとき、漆谷選手が少しでも詰められると、意外にもバリバリの打撃戦にいかず、組んで倒してくる。確実な勝利を狙ってくることも考えられる。中村 ブラジル人だし、組みが弱いなんてことはないでしょうしね。高島 UFC153のプレリミに出ている選手たちの、下になったときの堂に入ったファイトを見ていると、改めてブラジル人UFCファイターの寝技のレベルの高さを痛感しました。そういう部分が怖い。漆谷選手が思っている以上に、組み技できたときが逆に怖いです。中村 そういう意味では米国人ですが、福田選手の対戦相手であるトム・デブラスも侮れないですよね。ADCCの北米代表だし、下からガンガン攻めることができる。高島 4月のUFCデビュー戦はショートノーティスだったし、コンディションが整っていなかった。あれが彼の全てではないことは確か。リング・オブ・コンバット(ROC)の2冠王、つまり米国東部の中堅大会でしっかりと勝っているファイターに対し、日本のミドル級トップファイターが、ちゃんと勝たなければいけない。足関節だけでない仕掛けを持っているはずなので、トム・デブラスの柔術を軽視してはいけないと思います。中村 AKAで練習してきた、そこに付き合わないMMAという部分――福田選手が打撃を当ててテイクダウンし、トップキープ。デブラスに余計なことをさせないという試合に期待したいです。――前回の試合で負けているだけに、今回は負けられないという気持ちも日本人選手は皆、強いでしょうね。高島 もちろん連敗はできないという気持ちが持っているでしょうけど、連敗でなくても負けたくない。当然、勝つことだけを考えて戦うので、前の試合の敗北というのはこの段に来ては関係ないのではないでしょうか。中村 高島さんが水垣選手を取材したときは、どのような雰囲気でしたか? リラックスできていました?高島 水垣選手は常にリラックスしていると思います。あんなに神経の図太い選手はそうはいない(笑)。中村 楽しんで勝ちたいという水垣選手に対し、ジェフ・ホウグランドもポイントメイクするタイプではないので、ちょうど良い相手なのかなって。打撃で倒す、寝技で一本を狙うという選手、良い意味でアグレッシブ、悪くいえば荒い点も多いので、水垣選手がガツガツといける試合になる。前回の試合で、そこをセーブしたうえで負けてしまったので、今回は水垣選手の爆発力が見られることに期待です。――その他の試合で注目しているカードがあれば、教えていただけますか。高島 僕は絶対的にジャン・ティエチュエンとジョン・タックの試合ですね。マカオ大会唯一の中国人ファイターのジャン・ティエチュエンですが、正直、UFCのヒエラルキーでいえば最下層にいる。そんな彼が母国といえるマカオで、グアム最強のファイターのタックと対戦する。(この項、続く)