Skip to main content

UFC JAPAN 2013 大会概要

UFC JAPAN 2013 大会概要

世界王者やトップコンテンダー、そして日本を代表するファイターたちが参戦する、
UFC屈指の対戦カードがここに実現!

3月3日(日)の Ultimate Fighting Championship® さいたまスーパーアリーナ大会「UFC JAPAN 3013」では、PRIDEの元チャンピオン、ヴァンダレイ シウバがオクタゴンに登場、元米国海軍所属、トップタイトルコンテンダーのブライアン・スタンと、5ラウンドのライトヘビー級戦に臨む。

ブラジル出身のヴァンダレイ・シウバは、アグレッシブなファイトスタイルで知られており、ほとんどの試合が打撃によるKOもしくはレフリーストップで決している。シウバはPRIDE 史上、勝利数・KO数・王座防衛回数・連勝数で最多記録を保持ている。シウバの日本での試合は2006年以来となる。
一方、東京の横田空軍基地で生まれたスタンは、海軍での活躍を認められ、シルバースター賞を受賞している。他団体でのタイトルを獲得後UFCに参戦し、すでに多くの実績を上げている。

ダブルメインイベントでは、タイトルコンテンダーのステファン・ストルーブが、元K-1王者マーク ハントと対決。
こちらはUFCヘビー級でのタイトル戦線をめぐる重要な一戦といえる。日本での試合を待望していたストルーブ、身長はUFC最大の213センチ、このところ4連勝中で、うち2度の「サブミッション オブ ザ ナイト」と1度の「ファイト オブ ザ ナイト」を獲得している。ハントは、そのウォリアースピリットとKOパワーで、日本では長年にわたって最も人気のある選手のひとり。ハントは3連勝中で、昨年2月のUFC144日本大会にも登場、強豪シーク・コンゴにKO勝ちし、会場を沸かせた。

日本が世界に誇るミドル級のトップコンテンダー、“サンダー”こと岡見勇信も、参戦が決定。
和術慧舟會所属、神奈川出身の31歳の岡見が対戦するのは、PRIDEでも大活躍のヘクター“ライトニング” ロンバード。
岡見(29勝7敗0分け)はこれまで数々のベテラン選手に勝利しており、その中には2006年の現UFCミドル級王者のアンデウソン・シウバとの反則勝ち も含まれている。
ヘクター・ロンバード(32勝3敗1分け)と岡見は共に12月に圧倒的な勝利を挙げたばかりで、両者この激突の先にミドル級のタイトルを見据えている。

このほかメインカードでは日本のヒーロー、元PRIDE王者の五味隆典とディエゴ サンチェスのライト級戦、韓国のキムドンヒュンとKOスペシャリストのシアー・バハドゥルザダのウエルター級有望選手同士の対戦も行われる。

「日本らしさもたっぷりの、世界クラスの対戦カードで戻ってくることができ、うれしく思います」と、UFCアジアのマネージングディレクター、マーク フィッシャーは語る。「PRIDEの元チャンピオン、各階級のタイトルコンテンダー、そして地元の未来のスター選手を取りそろえたことで、昔からの格闘技ファンも、新しいファンも、みなさんに喜んでいただけると確信しています。」とのこと。

このほか本日発表になった対戦カードは、日本の福田力とブラッド タバレスのミドル級戦、日本のバンタム級戦士水垣偉弥とブライアン キャラウェイ、そして2名のコリアンファイター、ウエルター級のイム ヒョンギュとバンタム級のカン ギョンホがUFCデビュー、対戦相手はそれぞれ、マルセロ ギラマエスとアレックス“ブルース ・リー・ロイ”キャサレス。
さらに、日本の徳留一樹が、クリスチアーノ マルセロとのライト級戦でUFCデビューを飾る。

開催日時 2013年3月3日 開場 午前9:00 試合開始予定 午前9:45
場所 さいたまスーパーアリーナ

対戦カード

  • ヴァンダレイ・シウバ vs. ブライアン・スタン
  • マーク・ハント vs. ステファン・ ストルーブ
  • 五味隆典 vs. ディエゴ・サンチェス
  • 岡見勇信 vs. ヘクター・ロンバード
  • 廣田瑞人 vs. ハニ・ヤヒーラ
  • キム・ドンヒョン vs. シアー・バハドゥルザダ
  • 福田力 vs. ブラッド・タヴァレス
  • 水垣偉弥 vs. ブライアン・キャラウェイ
  • クリスチアーノ・マルセロ vs. 徳留一樹
  • イム・ヒョンギュ vs. マルセロ・ギマラエス
  • カン・ギュンホ vs. アレックス “ブルース・リーロイ” キャセレス

※ 対戦カードは変更の可能性があります。

チケット価格

  • VIP席 100,000円
  • RS席 34,000円
  • SS席 19,000円
  • S席 9,800円
  • A席 5,800円

チケットのお求めは、以下まで。

  • キョードー東京 0570-550-799
  • チケットぴあ 0570-02-9999
  • ローソンチケッ l-tike.com/ufc/
  • イープラス http://eplus.jp/ufc/
  • Ticket Board http://tickebo.jp

UFC® JAPAN 2013 は日本および世界中で複数のUFC放送パートナーでライブ中継されます。
詳しい情報や最新ニュースは jp.ufc.com をご覧下さい。
Ultimate Fighting Championship®について

世界のトップファイターが集うハイレベルな戦いで、世界各地の巨大アリーナやスタジアムを満員札止めにしてきたことで世界的に有名なUFC®は、世界トップの総合格闘技(MMA)団体です。所有・運営はZuffa, LLC。ラスベガス本社と、ロンドン・トロント・北京の現地オフィスから、UFCは年間30大会以上を開催し、世界最大のペイ・パー・ビューイベントプロバイダーとなっています。2012年、UFCはFOX Sports Media Group と画期的な7年間の放送契約を締結、一気にメインストリームの座にのぼりました。この契約により、FOXネットワークでの年間4回の大会生中継、FOX傘下のFXおよびFUEL TVでの大会中継と長時間の番組放映を行うこととなりました。もちろん、テレビ史上最長寿のスポーツリアリティショー、The Ultimate Fighter®もFXで放送されます。

FOX中継に加え、UFCの番組は世界145の国と地域で、ほぼ8 億世帯に向けて、30言語で放送されています。さらにUFCのコンテンツは、米国ではJoe Hand Promitions、 カナダ(英語版)ではPremium Sports Broadcasting Inc.、オーストラリアではMain Event 、ケベック(仏語版)ではInterboxによって、バーおよびレストラン向けに配信されております。UFCはまた、何百万ものファンと、自社ウェブサイトUFC.comや、ソーシャルメディアサイトFacebookおよびTwitterでつながっています。UFCのデイナ・ホワイト社長のTwitterフォロワー数は200万人、スポーツ業界で最もアクセスしやすく、最もフォローされている社長であるとされています。展開事業としては、ベストセラーDVD、国際的に配給されている雑誌、世界中にライブ中継やビデオオンデマンドを提供しているUFC.TV、THQ社が配給するベストセラーテレビゲームUFC Undisputed®、現在EA社が開発中の新しいゲーム、UFC GYM®、UFC Fight Clubのアフィニティ・プログラム、UFC Fan Expo®、UFCブランドのアパレルやトレーディングカードがあります。

報道関係連絡先:
UFC Japan 広報室
Sunny Side Up Inc.: Yuya Saiki, Ryosuke Kato, Masato Kokubo
Email: Telephone: 03-6894-3201
Fax: 03-6894-3201