Article

デイナ・ホワイト、新生ジョーンズの脅威を語る



UFCアンストッパブルの記者会見でフェイスオフに臨んだダニエル・コーミエとジョン・ジョーンズ(アメリカ・ラスベガス/MGMグランド・ガーデン・アリーナ、2016年4月4日/Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC)
UFCは2016年にざっと40の対戦カードを予定している。息もつかせぬビッグファイトに次ぐビッグファイトはまさに“Unstoppable(アンストッパブル)”という今季キャンペーンにふさわしい。そこには最大級のマッチアップも含まれている。

そうした大物対決の中でもひときわ注目される試合がある。ダニエル・コーミエ対ジョン・ジョーンズの再戦もその1つだ。

ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されるUFC 197で、現ライトヘビー級王者(コーミエ)と元王者(ジョーンズ)はお互いに権利を主張するタイトルを賭けて再び激突する。

ジョーンズからはく奪されたベルトを勝ち取ったのがコーミエという図だが、直接対決ではジョーンズが一度勝利している。

因縁のライバル同士の再戦を組んだUFC会長のデイナはその瞬間、これはファンがカレンダーに丸印をつけて待ち望む試合になると確信した。

「“アンストッパブル”の中でも皆が興味を持つビッグファイトの1つはジョーンズ対コーミエだ」とホワイトは述べた。

ジョーンズがしばらく試合から遠ざかっている間にコーミエはトップにのし上がった。“ボーンズ”は復帰戦に取りつかれたようにトレーニングしている。6カ月間しらふで取り組んでおり、フィジカル的にはファイター人生でベストの状態だ。

それは恐ろしい想像をかき立てる。

「今のジョン・ジョーンズの魅力は何かといえば、過去の彼と、真剣にトレーニングに打ち込んでいる今の彼の違いだ――恐怖すら感じるほどだよ」とホワイトは述べた。「文字通り、“真面目”などとは無縁だった男が、真面目にやっている」
 

新しいジョン・ジョーンズはどこまで伸びるのだろう?

「彼は今が絶頂期だ――フィジカル面で頂点にいる。彼がここまで真剣になったことは一度もないはずだ。その2つが組み合わさるのだから恐ろしいよ」

だが、たとえジョーンズが一度コーミエに勝っていて、数字の上で有利だとしても、今のタイトルホルダーはコーミエだ。

UFC 197で“DC”がパウンド・フォー・パウンドのキングを倒す方法を見いだせれば、彼の名前は間違いなく歴代の偉大なファイターの1人としてスポーツ史に記されることになるだろう。

「今のジョン・ジョーンズをDCが倒したら、それはもう本当にすごいことだよ」とホワイトは述べた。「コーミエの素晴らしいところは、懸命に長い間努力してきた好青年で、才能にあふれているところだ。格闘技やレスリングだけでなく、テレビでアピールする才能も見事だよ。ジョン・ジョーンズに勝てたら、彼の人生最大の出来事になるはずだ」

Media

Recent
Check out Conor McGregor's final fight before he joined the UFC at Cage Warriors 51 on December 31, 2012 for the lightweight belt. Just like in the UFC he became Cage Warriors first ever two-division champion.
Aug 19, 2017
Watch Ray Borg defeat Chris Kaledes from their bout in 2015. Borg takes on Demetrious Johnson for the flyweight title at UFC 215.
Aug 18, 2017
Watch Demetrious Johnson defend his belt against Kyoji Horiguchi at UFC 186. Don't miss Johnson take on Ray Borg at UFC 215.
Aug 18, 2017
In advance of the most anticipated event of the summer, Floyd Mayweather hosts an International media conference call on Thursday, August 17 at 3 p.m. PT/6 p.m. ET.
Aug 17, 2017